手のひらには太い線・細い線・長い線・短い線など様々な線が刻まれています。手相を見る際はこの線によって運勢や性格を判断しますが、その重要さは必ずしも太さや長さと一致しません。短くても重要なものもあり、長くてもさほど重要ではないものもあるのです。手相を見るうえで基本になるのは、誰の手のひらにもある生命線・知能線・感情線の三大線です。

知能線は人差し指と親指の間から始まり、手のひらの中央を横または斜めに走るもので知恵や知識・判断力・直観力・分析力・天分など頭脳の働きを示します。これ体でいえば中枢神経にも相当し、ほかの線を支配するほどの力を持ち手相をみるうえで、最も重要なものです。ですから知能線が貧弱だと仮にほかの線が良くても、人生の発展は望めません。反対にほかの線に問題があったとしても、知能線に勢いがあればその人の能力で運は開けていくのです。

中指から手首まで線を引き、その縦線の下から三分の二のところの、この線が通過する地点を見てください。ここが知能線の標準です。これ真横に伸びていたり、上に向かっていれば現実主義者です。物質的、現実的な性格が強く反対に下に向かう度合いが強ければ強いほど、現実から離れ理想に向かう理想主義者です。

この線は長ければよいというものでもありません。重要なのは長さよりも勢いです。たとえ短くても一筋にしっかりと刻まれていればよい相といえます。逆に長くても、途中が切れ切れだったり島が多いなど複雑になっているとよい相とは言えません。

電話占いヴェルニのことならこちら