手相にはいろいろな線がありますが、生命線を使って人生全般を把握することができます。手相において生命線は手首から親指と人差し指の間に向かって、カーブしている線です。人によっては直線のようにまっすぐだったり、かなり曲がっている人もいるでしょう。長さや太さは人それぞれで、色も異なります。

きれいな一つの線だったり、中には途中で途切れていたり腺が出ている人もいます。一般的に寿命を意味すると言われていて、長い生命線は寿命が長いです。途中で切れていると、人生の中ほどで病気になったり仕事をやめるなど何かしらのイベントが起こることが多いです。手相の知能線とくっ付いている人が多いですが、中には隙間がある人もいます。

このような人はマイペースが人が多く、自分の考えで物事を行う傾向があります。知能線とあまり近くになると、神経質な性格な人がいて、一般的に離れています。線がはっきりと現れていると現在の体調が良かったり、運気が良かったり、元気な意味があります。生命線からうっすら上に向かって出ている線があると、その頃の時期において何かしらのイベントが起こることがあるでしょう。

上に向かってきちんと延びているなら向上線で、運気が伸びる傾向があります。上から下に線をまたいでいると何かしらの障害があるかもしれません。手相は日によって変わるので、数年すると以前とは異なる形状になっていたり、新しい線が増えていることもあります。