健康サプリに含まれる添加物

健康サプリにはビタミンやアミノ酸、ミネラルなど不足しやすい栄養素が凝縮されていますが、添加物を多く含むものがあります。錠剤タイプの健康サプリを製造する過程で、粉が機械の中で詰まらないようにサラサラを維持するものや粉を固めるもの、カプセルを作るためのセルロースやゼラチン、HPMCなどの添加物が必要です。さらに口に入れた時に不快な味がしないように、甘味料や香料、着色料などを混ぜることもあります。粉を固める乳糖は牛乳アレルギーの人や乳頭不耐症の人は摂取してお腹を壊すことがあります。

健康サプリに含まれる有効成分が少なければ、9割が添加物を占めることもあり服用しても健康になれるとは限りません。ビタミンCと保存料の安息香酸は化学反応を起こすと、ベンゼンという有害物質になり危険です。液体タイプの健康サプリでは合成甘味料の使用が問題視されています。甘くて美味しく賞味期限が長いので購入する人も多いです。

しかしアステルパームやスクラロース、アスセルファムKなど体にとって良い成分ではありません。ゼリーやドリンクは糖類を多く使って味を良くしていますが、糖の過剰摂取で血管や細胞がダメージを負う糖化ストレスの危険性があります。肥満や動脈硬化、糖尿病など様々な病気を発症するので、かえって健康を害してしまいます。健康サプリを選ぶ時は、できるだけ添加物を含んでいないものが良いです。

味が悪くても栄養素だけを凝縮したドリンクがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする